読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

STM32F030F4P6中華ボードのお話

最近は「STM32F030F4P6」というマイコンで遊んでいます.

そんな時,事件(?)があったので書いておきます.

 

そもそもなんでF030なのかというのは,何と言っても価格!

Digikeyで1個150円,aliで10個500円以下で販売されています.

これでARM® Cortex®-M0搭載ですからね.

 

 今年のロボカップjrに使うかもしれないからカッパーの人は真似しないでね()

というどうでもいい話は置いといて...

 

僕が今回書きたい内容がこちら

 

(僕が直接買ったのはこの出展者のではないので同じ基板かは不確かです.)

(それでもこの基板のリンクを貼ったのはこっちが安いからです.)

 

なんとこの基板,シルク(というか配線)が不親切なんですよ!!

標準的な使い方をするとSTM32ってPA2とPA3がUARTってのが常識だと思うんですけど,この基板は違います.

背中にUART(ISP用?)のピンだしてあってTXD,RXDってシルクがあるんですけど,PA2とPA3には接続されていませんでした・・・(これが事件)

実際には,「PA9にTXD,PA10にRXD」が接続されています.

 

というわけで今後,この基板を使う場合もそうでない非公式の基板を使う場合も,注意して使うしかないですね!(切実)