STM32plusを使ってみたいというお話

※とりあえずのメモなので多くの間違いがあると思われます。

 

STM32を開発するのにあたっていくつかのライブラリがあります。

  • ヘッダをインクルードせずにレジスタをたたく (触ったことない)
  • stdpriph ライブラリを使う (触ったことない)
  • HAL ライブラリを使う
  • STM32plusを使う

 で、今回はWindows10でSTM32plusをビルドするところまでやってみました。

 

わかりやすいビルドまでの流れ

STM32plusをgithubよりダウンロード

github.com

githubがよくわからないという人はZipでダウンロードすればOKです。

 

STM32plusのディレクトリでコマンドラインを開く

ダウンロードしたZipを展開します。

で、展開したフォルダでコマンドラインを開きます。

 

ビルドする

コマンドラインでsconsを実行。

すると、Makefileのscons版ファイルが存在するのでそれに従って勝手にビルドしてくれます。

 

ただし、ビルドするには当然用意が必要

Windowsコマンドプロンプト以外のコマンドラインをインストールする

INSTALL.MDにも書かれているんですが、コマンドプロンプトではビルドできません。

そう、STM32plusはWindowsにやさしくないんです!悲しい!

(これ読んでなくて、頑張ったのにビルドできなかったマン)

ここで.MDに勧められてるのがCygwinです。

ただ、なぜがCygwinが起動できなかったあんばら。

諦めて、VM Virtual BoxにUbuntuを仮想しました。

 

Pythonを用意する

Cygwinのことはよくわかりませんが、Cygwinインストールの時にPythonもインストールよう選択ができるはずです。

Ubuntuでは最初からインストールされています。

 

sconsをインストールする

scons.org

これをインストールします。

 

GCC ARM Embeddedをインストールする

GCC ARM Embedded in Launchpad

これをインストールします。

 

これでビルドできるようになった

INSTALL.MDにあるexampleコマンドでも実行してみましょう。

ビルドできるようになります。

もちろんコマンド実行するのはそのディレクトリでです。

 

ここまでやった感想

Windowsやめるか。というのは置いといて)

非常に理解までに時間がかかりました。

正直Arduinoとかmbedだけで生きていくのが人生楽しそうな・・・